昭和48年創業
拝む心のお手伝い
(有)今村仏具店・ロゴマーク

仏壇公正取引協議会について

近年、悪質な仏壇販売業者に関する消費者からの苦情が都道府県の消費者センターや消費者庁などに寄せられており、仏壇業界における販売の正常化や表示基準の明確化が急務となっていました。
そこで、虚偽や誇大な表示や過大な景品により消費者が不利益を被らないようにするための公正競争規約という業界の自主ルールが作られ、公正取引委員会及び消費者庁がこのルールを認定・承認しました。この公正競争規約を運用するための自主機関として設置されたものが仏壇公正取引協議会で、虚偽誇大な表示の調査や違反の防止、特定用語の表示基準の検討・作成、普及のために活動を行っています。
公正競争規約は、公正取引協議会の会員にのみ適用されるものですが、非会員に対しては、消費者庁や都道府県により公正競争規約の定めを参考に景品表示法の規則が直接及ぶことになります。
また、会員、非会員にかかわらず、刑法の詐欺罪や不当景品類及び不当表示防止法などが適用され得るが、その違法性の判断の際に「公正競争規約」が仏壇業界の規範として判断基準の一つとなり得ます。
こうした規約を策定することにより、不当な仏壇販売を規制し、お客様の安心感と信頼感を生み出すことに期待ができます。

今村仏具店での仏壇品質表示について

当店では、この度の仏壇公正競争規約ができる以前から独自の品質表示や産地表示を行っておりまして、お客様に安心してお買い求めいただけるように努めてきました。
そして、公正・公平なルールができることをずっと待ち望んでおりましたので、仏壇公正取引協議会の設立当初から会員となりまして現在も明確な品質表示を行っております。
さらに、公正取引規約では原産国のみ表示が義務づけられておりますが実際には国産品表記の仏壇でも一部の工程が海外で行われる場合もあります。当店の場合はより一歩踏み込んで、主要工程ごとの作業地を表記して、より詳しい品質表示にすることにより、お客様に納得してご購入いただけるようにしております。

 
クリックすると
閉じます